腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには

美容と健康作りに腸内環境を整えよう!

健康に良いとされることは美容にとっても高い効果になるというのは、どうやら自然の法則になります。つまり美容と健康作りは直結すると考えられ、特に腸内環境を整えること、それから血行促進は大きな条件に挙げられます。今回は腸内環境について焦点を絞り、腸内環境を整えるにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。!

 

腸内環境を考える

腸内環境を整える

人間の腸内には100兆個もの、膨大な数の細菌が生息するとみられます。腸内環境を整えるには、生息する膨大な腸内細菌のバランスが大きく影響するということです。

 

まず腸内細菌は大きく善玉菌悪玉菌に分けられ、これについてはよく知られた健康情報でもあります。腸内細菌とは日和見菌も生息し、実は日和見菌がもっとも生息率が高いとみられます。腸内に所狭しと細菌がひしめき合い、腸内を敷き詰めるほどの様子をお花畑に例えられ、腸内フローラと表現されます。そんな風に腸内の限られた生息環境をめぐり、善玉菌と悪玉菌は生存競争を繰り広げます。そして普段の日和見菌は静観する立場だとしても、腸内環境のバランスが崩れると、急に日和見菌は活発に動き出します。
善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢の方に同調するので、一気にどちらかに腸内細菌のバランスが傾きます。この日和見菌の性質を活かして、善玉菌優勢の腸内細菌のバランスを保つことが、腸内環境を整えるには必要になるというわけです!腸内環境が改善され、善玉菌が元気であれば健康だけでなく、若さを保つ秘訣になると考えられますから。つまり美容にも直結するということですから、腸内環境を整えることは大切になりますね。

 

腸内細菌のバランス

腸内環境を整えるには腸内細菌のバランスとして、善玉菌優勢という環境を作る必要があります。腸内環境とは理想的なバランスがあり善玉菌2に対して悪玉菌1、日和見菌は7の比率です。この状態なら腸内は弱酸性に傾くことから、健康状態として最適と考えられますよ!つまり腸内環境を整えるには弱酸性が理想ということからも伝わるように、乳酸菌を増やすことが求められます

 

乳酸菌は食品から摂取できますが、乳酸菌そのものを補給するか、善玉菌が好物とする食材を摂取ることが効果的です。しかし形勢逆転して悪玉菌優勢となる腸内細菌のバランスとは、人体に悪影響を与える作用をします。
例えば排便やおならの悪臭とは、この悪玉菌の仕業と考えられますから!便秘や下痢も悪玉菌が原因となり、さらに悪玉菌の怖いのは毒性の物質を生成する有害菌という正体です。もし悪玉菌優勢の状態が長引くと、生成した毒性の物質が腸の壁から体内に吸収されてしまいます。

 

この症例として分かりやすいのがニキビなどの肌トラブルになり、実は便秘症だと肌荒れしやすい体質というのは決して軽視できません!さらに悪玉菌優勢だと腸内がアルカリ性に傾き、免疫力低下が心配されます。これだけでなく生活習慣病の関連性が深いとみられ、これは悪玉菌の有害物質が解毒できなくなり、少しずつ肝臓を弱らせた結果と考えられますから!

 

悪玉菌優勢が長年に渡ると腸の壁を傷つけ、さらに発がん性物質を作り出し、それが体内へ回りやすい体質に傾いてしまいます。この悪玉菌優勢の状態を阻止するには、激しい生存競争を繰り広げる善玉菌を増殖するしか方法はありません。そして悪玉菌優勢の状態を作り出す原因は食生活を始め、自分のライフスタイルが大きく影響するということは見逃せません。つまり腸内環境を整えるには根本的な生活習慣の見直しが求められ、より健康的な生活リズムを築くことが大切になりますよ!

 

腸内環境を効率よく整える方法
乳酸菌サプリ

ホーム RSS購読 サイトマップ