腸内環境を整えるオリゴ糖

オリゴ糖とは?その効果と種類

オリゴ糖とは

オリゴ糖について、どんなものなのか知らない人も結構いるようです。「糖というのだからお砂糖の一種?」程度の知識しかない人も多いはず。でもこのオリゴ糖こそ腸内環境を良くするため、そして良い状態を保つための陰の功労者なのです。また幾つもの種類があり、原料によって特徴の違ったオリゴ糖が抽出されます

 

オリゴ糖とは単糖が数個結合したものですが、その中でも2つ結合した二糖類、3つ結合した三糖類、4つ結合した四糖類などがあります。そしてオリゴ糖は胃酸や消化液、消化酵素によって分解されずにそのまま大腸まで届くため手軽に摂取できます。

 

オリゴ糖と腸内細菌との関係

オリゴ糖と腸内細菌

オリゴ糖は腸内に入り、善玉細菌の栄養素として善玉菌を活性させてくれます。腸内の状態は常時同じではなく、ちょっとしたことでも大きく変化します。そのためにいつも善玉菌は元気に強くいなければならないのです。そのような中でオリゴ糖は善玉菌の餌となり、腸内環境を間接的に支えています。

 

オリゴ糖そのものは腸内環境を良くすることはできませんが、善玉菌に影響を与えているため腸内環境が悪くなってきたときでも、オリゴ糖を摂取することで善玉菌が一気に元気になり、腸内環境が良くなることもあります。便秘などのときにオリゴ糖を摂取による便秘解消効果はこのような理由があるのです。

 

もちろん毎日乳酸菌と一緒にオリゴ糖も摂取することで、常時強じんな乳酸菌が腸内を守ってくれることになります。そのため乳酸菌を摂取しやすい乳酸菌サプリなどと一緒に摂取すると手軽にどちらも効果的に摂取することができるのでおすすめです。

 

オリゴ糖の種類

  • ビート糖蜜から天然抽出されたラフィノース。
  • タマネギ、ゴボウ、ニンニク、バナナなどから酵素変換されたラクトオリゴ糖。
  • 牛乳から酵素変換して抽出したガラクトオリゴ糖。
  • 竹の子やトウモロコシから酵素変換されたキシロオリゴ糖は虫歯予防としても注目されています。
  • 味噌や醤油、清酒、ハチミツなどから酵素変換によって抽出されたイソマルトオリゴ糖はビフィズス菌の増殖効果があります。
  • 大豆オリゴ糖も酵素変換で抽出され、大豆から作られるものですが、これもビフィズス菌の増殖作用が高いと言われています。
  • 他にラクトスクロースという牛乳や砂糖キビから酵素変換によって抽出されるものなど、どれもそれぞれ特徴があり腸内細菌を元気にする効果があります。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ