腸内環境を整えるには

腸内環境を整える食事の工夫

腸内環境を整える食事の工夫

人の体は腸で作られているといってもいいほど、腸は働き者です。栄養を吸収して不要なものを外に排出して…ということが繰り返されています。そうなってくると、見直すべきはまず食べ物から。色々と腸内環境を整える成分なども注目されてはいますが、基本となる毎日の食生活を見直すことが基本となります。では、腸内環境を整える食事についてご紹介していきます。

 

好きなものばかりを食べず、バランスのいい食事を

バランスのいい食事

ついつい好きなものばかり食べたくなる気持ちはわかりますが、それでは栄養が偏ってしまいます。腸内の環境もバランスが乱れやすくなるので、栄養は幅広く摂取できるようにメニューを考えましょう。1日30品目などともいいますが、これは本当に理想です。なかなかそこまで摂取できない…という人も多いので、無理をして続けて途中で挫折してしまうというよりも、できるだけバランスがよくなるように心がけるだけでも変わります。無理なく、でも気をつけながら食事のバランスを考えてみてくださいね。

 

食物繊維は必須

 

食物繊維は、腸内の掃除をしてくれる役目を持っています。腸内が汚れていると栄養も吸収しづらくなりますし、老廃物が溜まってしまって環境が悪くなります。食物繊維を摂取することで掃除をして、土台づくりをしておきましょう。いくらいい栄養分を摂取しても腸の壁から吸収されないのでは意味がありませんから、食物繊維でお掃除しておけるといいですね。食物繊維には不溶性と水溶性で分けられており、不溶性は腸の動きを活発にして排出を促し、水溶性は有害な物質を吸着して一緒に排出をするという働きがあります。

 

乳酸菌とオリゴ糖も忘れずに

 

乳酸菌は善玉菌の働きをサポートし、オリゴ糖は善玉菌のエサとなります。腸内が善玉菌優位に立てるようにバランスを調整してくれますので、発酵食品で乳酸菌を、そして大豆などでオリゴ糖を摂取するように心がけてください。

 

水不足から脱出しよう

 

便秘になってしまう人の多くは水不足だといわれています。水分不足になると便が硬くなってしまって排出するのにも苦労しますし、すっきりとしない日々が続きます。また水分不足だからといって、本来は排出されるはずの水分ももう一度腸から吸収してしまい、その水分が体内を回ることで肌の色が悪くなるとか吹き出物が出るとか…悪い影響が全身に発生するのです。水分摂取はこまめに、水不足にならないようにしましょう。

腸まで届く乳酸菌サプリ一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ