腸内細菌を増やす|腸内環境を整えるには

腸内細菌を増やす

腸内細菌について

腸内細菌にはいわゆる善玉菌と言われる有用菌、悪玉菌と言われている有害菌、そしてどちらか優位になった菌の方になびくと言われている日和見菌の3つがあります。特に善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7であれば黄金の割合とも言われ、腸内環境は理想的だと言われています。逆に善玉菌が1、悪玉菌が2、日和見菌が7であれば改善が必要になります。

 

多い方に変動する日和見菌があるので、善玉菌が2ということは実は9になり、逆に悪玉菌が2なら実際は腸内の9割が悪玉菌になってしまうというわけです。腸内には300種類以上の細菌が100兆個、重さにすると1Kg以上とも言われています。そして、これだけの腸内細菌を上手にコントロールすることこそ健康につながるということになるのです。

 

善玉菌は消化吸収のサポートや免疫力アップ、老化防止、ビタミンの合成、セロトニンなどの合成にもかかわっている腸内細菌のことです。ビフィズス菌や乳酸菌が知られています。また悪玉菌にはウェルシュ菌やブドウ球菌、大腸菌などがあり、腸内の腐敗促進、毒素酸性、発がん物質の産生、ガス発生などを起こします。そして日和見菌はバクテロイデス、大腸菌無毒株、連鎖球菌などがありますが、優位になった細菌の見方をします。

 

加齢と腸内細菌

赤ちゃんがお母さんのお腹にいるときには無菌状態ですが、生まれるとお母さんの母乳によって、赤ちゃんのお腹の中ではビフィズス菌がどんどん増殖していきます。赤ちゃんの便が黄色いのはビフィズス菌が優位になっている証拠なのです。しかし人はこのときが最高に腸内細菌が多い状態にあり、それから年齢が増えるごとに下がる一方となります。

 

だからこそ中高年になったら、特に善玉菌を増やす意識が必要なのです。しかしそれだけでなく、若くても病気などで腸内環境が悪くなることもあります。そのためわたしたちは何歳であっても善玉菌を増やすということを意識し続けた方が、健康でいられるということになるのです。

 

悪玉菌を減らす善玉菌

悪玉菌と善玉菌

善玉菌が吐き出す代謝物は乳酸がほとんどで悪玉菌の大嫌いな物質です。そのため善玉菌が増えることで悪玉菌は弱り数も減っていきます。腸内にはウイルスや病気などから守る免疫システムも存在しています。免疫を発動するための免疫細胞を良い状態にするのも善玉菌の働きです。

 

また精神的な落ち込みなどをなくし、睡眠を十分に取ることができるためにはセロトニンはかかせません。このセロトニンも腸内にその前駆体の60〜70%が存在しており、腸内環境が悪くなればセロトニンの分泌もできなくなります。悪玉菌が増えることで、これらの働きまでもが悪化してしまうので、善玉菌を増やすことはとても大切なことなのです。

 

善玉菌を増やすためには

そこで善玉菌を増やすにはどのような方法があるのでしょう。善玉菌を増やすのはやはり乳酸菌を摂取することしかありません。善玉菌は体内で産生できるものではないので、食べ物から摂るしか手段はありません。そのためヨーグルトや、また植物性乳酸菌なら漬け物などの発酵製品にも含まれています。

 

また乳酸菌の摂取だけでなく、乳酸菌の餌となるオリゴ糖などを摂取することで、腸内の乳酸菌を元気にしてくれます。また食物繊維を十分摂取し、善玉菌が増えやすい環境をつくることも大切です。しかし腸内環境が悪化してしまっているような場合は、乳酸菌サプリなどを摂取すると早く腸内に善玉菌が増えるので上手に利用するといいでしょう。

腸まで届く乳酸菌サプリ一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ