腸内環境を整えるには

善玉菌と悪玉菌について

善玉菌と悪玉菌について

善玉菌悪玉菌

世の中で市販される整腸作用のある内服薬、サプリメントを始めとした健康食品、どれも善玉菌を増やす方法として役立てられるものばかりです。

それくらい腸内環境を考えた場合は善玉菌優勢であれば、健康的な体調を維持できるということでしょう!
しかし現代の日本人は食生活の変化から、腸内細菌のバランスとして善玉菌の減少が目立つそうです。
さらに年齢と共に、善玉菌が腸内から減少するのは自然になります。
だからアラフォー世代から善玉菌を増やすことを意識すれば、そのまま健康作りに役立つと考えられますよ!
まずヨーグルトやバナナの摂取など、善玉菌を増やすとされる手軽な方法から始めましょう。
つまり善玉菌が減少してしまうということは、腸内細菌のバランスとして悪玉菌が増殖する環境に通じます。
こんなにも善玉菌と悪玉菌が密接する関係とは、さらに腸内環境についても改めて考えてみましょう!

 

善玉菌と悪玉菌について

腸内環境とは

人間の腸内には100兆個もの細菌が、せめぎ合いながら生息します。
だから腸内を顕微鏡で覗くと細菌で敷き詰められるような状態になり、それをお花畑に例えて腸内フローラと名称されるほど!
狭い腸内で善玉菌と悪玉菌は生息環境の奪い合いを続けるので、絶え間なく生存競争を繰り広げます。
この状態から善玉菌と悪玉菌の関係をみると、悪玉菌を減少させれば善玉菌が優勢となり、善玉菌が減少してしまうと悪玉菌が優勢となる腸内細菌のバランスの法則が成り立ちます。
さらに善玉菌が優勢になれば、腸内は酸性に傾き、消化吸収の機能が高められることで健康な体調は維持されます。
しかし悪玉菌が優勢になれば、腸内はアルカリ性に傾き、便秘や下痢の原因になど健康に悪影響を与える動きを始めるわけです。
そして善玉菌と悪玉菌だけでなく、もう1つ腸内には細菌が生息して、それを日和見菌と呼んでいます。
普段は善玉菌と悪玉菌が生存競争を繰り広げ、腸内細菌のバランスが不安定になると、急に日和見菌は活発化します。
善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢になる方へ傾き、だから腸内環境が急変してしまい、体調に悪影響を与えることも心配されます。

 

健康への影響

腸内環境として理想的と考えられる腸内細菌のバランスがあり、それは善玉菌2に対して悪玉菌1、日和見菌は7の比率です。この状態なら腸内は弱酸性に傾き、健康状態として最適となります。
だから腸内環境とは、なるべく酸性に傾けることが必要と考えられ、やはり乳酸菌など補給して善玉菌優勢の状況を維持することが大切です。
善玉菌となる乳酸菌はヨーグルトを始め、大豆食品などからも摂取できます。
しかし食品から補給する乳酸菌とは、通過菌という種類になります。
だから毎日ある一定量の摂取が必要となり、どうしても乳酸菌を含む食材を食習慣にすることが求められます。
しかも年齢と共に善玉菌が減少傾向となれば、これは健康作りに役立てたい日常習慣にもなりますね!
腸内環境が善玉菌優勢であれば消化吸収がスムーズに行われることで、やはり栄養が充分に身体作りに機能することにつながり、それが健康として一番大切です。
さらに免疫力が向上するので病原菌からの感染を予防できる上に、生活習慣病の心配があるコレステロールの吸収を抑えられます。
そして健康機能として必要なホルモンやビタミンの生成としても活躍するので、善玉菌優勢のバランスを維持するのは理想的です。
しかし腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌優勢になると途端に下痢や便秘の原因に直結します。
悪玉菌は肉類などのタンパク質をエネルギー源として活発化すると、まず腸内で腐敗する状態を引き起こし、これが下痢や便秘の原因みたいです!
ただ悪玉菌優勢になるとこれだけでなく有害物質を作り出し、長い年月をかけて腸内の壁を少しずつ破壊したり、肝臓に負担をかけて弱らせるという悪質さがあります。
しかも免疫力を低下させ、やがて発がん性物質として危険性を高めることが心配されます。
これら悪玉菌の動きはどれも困った症状ですから、善玉菌優勢により悪玉菌の動きを封じ込めることは健康作りには大切ですよ!

腸まで届く乳酸菌サプリ一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ